同性に嫌われる女の6つの特徴や嫌われない方法とは?

性格

あなたは同性に嫌われる女の特徴を知りたいと思っているでしょうか。
男には人気があるのに同性からは嫌われる女性っていますよね。
例えば容姿も良くて男にもモテモテなのに、実は同性には嫌われていたという女性も多いと思います。特に男性からすれば、あんなに可愛くて性格も良いのになぜ嫌われてるんだろう?と不思議に思うこともしばしばありますが、実は同性に嫌われる女というのは知られざる共通点があるのです。
そこで今回は同性に嫌われる女の特徴をご紹介します。
これを読めば、女性なら同性に嫌われることを回避できますし、男性なら同性に嫌われる女の本性を知ることができるでしょう。

 

ぶりっこである

同性に嫌われる女の特徴として、ぶりっこであることが挙げられます。平たく言えば性格が悪いのです。このパターンは男には愛想もよく優しいキャラを演じていますが、同性に対しては非常に冷たい態度を取ることが多いです。
しかも男には自分の性格の悪さを知られないように細心の注意を払いながら、男がいる場所ではなるべく愛想の良いキャラを演じ、男が全くいない女だけの会話では本性を表すのです。そのため男には性格の良い天使のような子に見えるのに、女には非常に評判が悪いという不思議な現象が起きるのです。
ただ、男なら全員に優しくするわけではないパターンもあります。つまり自分の好みの男性やイケメンだけには優しくするが、大してかっこよくない男には冷たい態度を取るのです。
この、人によってコロコロと態度を変える性格の悪さが同性に嫌われる原因なのです。
また、女からすれば男に好かれている女というのは面白くありません。男に愛想を振りまいて男からの人気を得ているだけでも女から嫌われる原因になります。要は同姓に嫌われるというのは嫉妬されているということでもあります。
つまり性格が良かろうが悪かろうが、ぶりっこで男に人気があれば、それだけで同性に嫌われる理由になるのです。

 

容姿が良い

容姿が良いというのも同姓から嫌われる女の特徴になります。というのも女というのは嫉妬深い生き物なので、容姿が良いだけで同性に嫌われる場合もあるのです。
基本的に女の武器は可愛さや綺麗さであり、容姿が良い人は特段の努力もなく可愛かったり綺麗だったりします。つまり生まれながらにして男から好かれる素質を持っているのです。
多くの女は可愛く綺麗になるのに多くの努力を必要とします。例えばメイクを頑張ったりオシャレをしたり、人によっては整形までして可愛くなろうとする人もいます。
しかし容姿が良い人というのはそういった努力をしなくても元々可愛いので、同性からすれば羨ましいと同時に恨めしい存在でもあります。これが容姿が良い人が同性に嫌われる理由なのです。
容姿が良くて性格が良い場合は、同性には八方美人だと思われますし、性格が悪い場合は調子に乗っていると思われます。つまり容姿が良いと大抵は同性に嫌われるのです。

 

プライドが高い

プライドが高いというのも同性に嫌われる女の特徴です。というのもプライドが高い女というのは自分が大好きなのです。この自分が大好きな感じが同性にはとても鼻につくのです。
また、プライドが高い女は会話で自分のことばかり話すことが多いです。とにかく他人よりも優位に立ちたいために、口調がきつかったり、傲慢だったりすることもあります。
自分はレベルが高い女だと思っていますし、その自尊心が行動に出るので、同性から「あの人好きじゃない」と嫌われてしまうのです。
男視点で見るとプライドが高いというのは隙がなく、良く言えば高嶺の花になることもありますが、同性からすると態度が悪く、他人を見下した性格の悪い人に見えるのです。

 

金持ちと付き合っている、または結婚した

金持ちの男と付き合っているのも同性に嫌われる女の特徴です。というのも女は金が大好きなので、金持ちと付き合っているだけでも嫉妬の対象になりますし、金持ちと付き合う女というのは、金目当てだとバレないように非常に巧妙に男に近づくことが多いです。つまり金持ちと付き合っているというだけで計算高い女だという烙印を押されるのです。
なので、例えばもし職場で金持ちの男と結婚したことがバレたら、同僚の女は一気に冷たくなります。金持ちと結婚した女は職場でとても肩身の狭い思いをすることになるのです。
芸能人で言えばサエコのような女と言えば分かりやすいでしょう。あのような女は非常に計算高く金持ちの男に近づくので、同性には嫌われやすいです。

 

おっとりとしている

おっとりしている女は同性から嫌われやすいです。というのも、話好きな女からすればおっとりしている女というのは見ていてイライラするからです。
また、おっとりしている女というのは男に好かれやすいので、おっとりした天然女は同性には嫌われる対象になりやすいでしょう。
また、おっとりしているというのは悪く言えばノロマということでもあります。同性からすればノロマな女はただイライラするだけなので、嫌う対象になるのです。特に職場ではとろい女は仕事を遅らせるので単純に使えないなぁと思われて嫌われますし、おっとりしている人は会話がのんびりとだらだらしているので、どんくさい人だと思われて嫌われるのです。
特に気が強いタイプの女はおっとり女を嫌う傾向があります。職場環境によってはおっとりしている女はそれだけで孤立する原因になるのです。

 

悪口が多い

悪口が多いというのも同姓から嫌われる女の特徴です。というのも女というのは基本的に噂話が好きなのですが、悪口ばかり言う女というのも中にはいるのです。
女といのは陰口ばかり言う生き物だと思っている人もいるかもしれませんが、女がみんな陰口が好きというわけではなく、むしろ悪口を好まない女も多いのです。
なので悪口が多い人は性格の悪い要注意人物として嫌われる場合もあるのです。
愚痴が多かったり、人を馬鹿にしてばかりしている人は嫌われる原因になりますので、できればおしゃべりのときは明るい話題を話すと良いでしょう。
また、「あの人はブスだ」と言った風に容姿を批判することは特に同性の評判を落とす原因になりますので、発言には注意するべきです。

 

いかがでしたか。今回は同性に嫌われる女の特徴をご紹介しました。
同性に嫌われる原因というのは色々ありますが、同性に嫌われているからといって必ずしもその人に非があるわけではなく、ただ嫉妬されやすいだけな場合も多いです。
もし同性に嫌われている女を知っている人は、その人が本当に嫌われて当然の行動をしているのかどうか、注意深く観察してみることをオススメします。
また、同性に嫌われたくないと思っている人は、なるべく男に媚びないようにするとか、テキパキと行動するなど、同性に嫌われないような行動を心がけてみるのも良いかもしれません。
また、同性には嫌われても良いから子供には好かれたいという人は、「子供に好かれる人の7つの特徴」も合わせて読んでてみてください。