話題豊富な人の7つの特徴と話の引き出しを増やす方法とは?

生活

あなたは話題が豊富な人の特徴を知りたいと思っているでしょうか。
例えば友達や恋人と話しているときに「話すことがない・・・」と話題に困ってしまう人は多いと思います。
話題が豊富な人は話していて楽しいのでモテますし、男女問わず人気があります。しかしなぜあんなに話題が豊富なんだろう?と不思議になるほど話の引き出しが多い人っていますよね。そういう人を見て羨ましいと感じたり、私もあんな人になりたいと思うことも多いのではないでしょうか。
実は話題が豊富な人には共通点があって、それを知ることであなたも会話上手な人になることができるんですよ。
そこで今回は話題が豊富な人の特徴をご紹介します。

 

 

興味の幅が広い/好奇心旺盛

話題が豊富な人というのは幅広い分野に興味を持っていることが多く、知的好奇心が旺盛なことが多いです。分からないことは何でも調べてみたり、自分の知識を増やすことに楽しみを見出しています。
興味の幅が広いというのは実は才能に近い部分があって、自分からどんどん知識を吸収していくので、頭が良くて高学歴な人も多いです。
逆に話題がない人は例えばアニメの話だけは詳しかったり、知識が偏っている場合が多いのですが、話題豊富な人は偏りなく様々な分野の知識を吸収しているのです。
もちろん興味の幅が狭いというのも悪いことばかりではなく、一つの分野の専門家になれることもありますが、それだと同じ話題ばかりで会話が続かない人になってしまいます。
マニアックなことが好きというよりは、広く浅く興味を持っている人の方が話題豊富な人には多いです。
もし話の引き出しを増やしたいと思っている人は、少し無理をしてでも広くアンテナを張る努力をした方がいいかもしれません。

話のネタを探している

話題が豊富なのは自然に知識が増えているパターンもありますが、自分で意識して話のネタを探している人も多いです。例えば営業職の人などは話のネタが多いと仕事に活かせますし、友達や恋人と楽しく話すために面白いネタを探している場合もあります。
こういう人は常に誰かと会話することをイメージしながら街を歩いたりしているので、何か面白いものを見つけるたびに話のネタのストックが溜まっていくのです。
ところであなたはテレビを見ていて、なぜ芸能人はあんなに話題が豊富なんだろうと思ったことはないでしょうか。実は芸能人も意識的に話のネタを探している人が多いです。芸能人というのはトーク力が命なので、話のネタがなくならないようにする努力をしているのです。例えばよくテレビで見る勝俣州和さんは地方にロケに行ったとき、その前後にスケジュールの余裕を作っておいて、何か変わったことがないか、あたりをブラブラして探しているのだそうです。
このように話の引き出しが多いのは努力の賜物であることもあるのです。

本が好き

本が好きであることも話し上手な人の特徴でしょう。本が好きな人は自然と本の中にある雑学や知識を吸収するので、勝手に知識が増えるのです。これは小説やビジネス書だけでなく、漫画やライトノベルでも同じです。
例えばあなたはポン酢のポンの意味を知っていますか?ポンとはオランダ語で柑橘類の果汁を意味するpons(ポンス)から来ているという説が有力です。
この知識は「美味しんぼ」という漫画から得ることができますが、このように漫画を読むだけでもタメになる雑学を得ることができるのです。
読書量が多い人は当然こういった知識が多いので、話のネタが多いのです。

社会経験が多い

社会経験が多い人は話の引き出しが多いです。というのも様々な職業を経験している人はそれだけ面白いエピソードも多いので、話のネタが多くなるのです。
例えば二人のOLがいたとしましょう。OLしか経験のない人と、キャバ嬢の経験があるOLだったらどちらが面白い人だと思いますか?キャバ嬢というのは人と話す仕事ですから、当然面白い人と出会ったり、人から面白い話を聞いたりすることが多いでしょう。また、キャバ嬢という普通の人では経験できない仕事の知識もあるので、その分話のネタも多いです。
このように複数の仕事を経験している人は話題も豊富になります。順風満帆な人生の人より、波乱万丈な人生を送ってきた人の話の方が面白いのはそのためです。
特に人は自分が経験したことは中々忘れないので、社会経験が多い人はポンポン面白い話題が飛び出してくる人も多いのです。

社交的である

人と喋ることが好きで、コミュ力が高いのも話題豊富な人の特徴です。コミュ力が高い人は多くの人と会話するので、それだけ面白い話をたくさん聞くことができます。その知識を吸収して話題豊富な人になるのです。
もしくは有名人と喋ったことがあるなど、誰かと喋ったということ自体が話題になることもあります。
コミュ力が高い人は他人の経験談や体験談をたくさん知っていることが武器になるでしょう。

流行に敏感

流行に敏感で常にアンテナを張っている人は話のネタが多いです。
例えば最新のニュースやファッションに詳しい人は意識して情報を追いかけているので、必然的に知識は多くなります。
話題豊富で面白い人になりたいなら最新の流行はチェックすべきでしょう。
例えば「君の名は。」や「逃げ恥」すら知らない人とあなたは話したいと思いますか?あまりに流行に疎い人は話していても面白くないと思われますので、せめてその時に流行っているドラマと映画くらいは知っておくと良いでしょう。

行動力がある

話題豊富な人は行動力がある特徴があります。例えば色々な場所に旅行に行ったり、様々なレジャーを楽しんだりと、面白そうな場所にはとりあえず行ってみるという人が多いのです。
つまりインドア派というよりはアウトドア派だと言えるでしょう。
本から膨大な知識を得ているインドア派もいますが、やはり自分が経験したことというのは最高の話のネタになります。ただ雑学ばかり話す人より、自分が旅行先であった面白いことを話す人の方が魅力的でしょう。特に海外旅行の経験が豊富な人は間違いなく話のネタが多いと言えます。

 

いかがでしたか。今回は話題豊富な人の特徴をご紹介しました。
話のネタが多い人は明るくて面白い人が多いですし、知識が多いことで尊敬の眼差しで見られる場合もあります。
そんな話上手な人に憧れているという人は是非今回紹介した特徴を参考にしてみてください。
きっと話題が豊富になるためのヒントになるはずですよ。
また、会話ではなくゲームが上手になりたい人はゲームが上手い人の特徴5つも合わせて読んでみてください。