バイトをすぐ辞める人の特徴5つと仕事が続かない理由とは?

仕事

あなたは仕事をすぐに辞める人の特徴を知りたいと思っているでしょうか。

仕事が楽しい人や、仕事を生きがいと思っている人がいる一方で、仕事が全く続かずすぐに辞めてしまう人もいます。

中には一日でバイトを辞めてしまうなんて人も。

仕事をすぐ辞めることの是非はともかくとして、一体仕事が続かない理由とは何なのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はバイトをすぐに辞める人の特徴をご紹介します。

もしあなたの周囲に仕事が続かない人がいるのであれば、是非今回の記事を最後までご覧ください。

きっと仕事が続かない理由を探るヒントになるはずですよ。

 

 

根性がない

バイトを辞める学生は根性がないことが多いです。

バイトなんて簡単で誰でもできる楽な仕事しかしないだろうと甘く考えて始めた結果、意外にも厳しい現実を目の当たりにして、「もう耐えられない」と辞めてしまうのです。

バイトといえど仕事には変わりないので、どんな職種であっても覚えることは多いですし、接客業であれば人間と関わる仕事なので、時にはイヤな思いをすることもあります。

また、最近の若者は怒られることに慣れていない人が多いので、ちょっと怒られるとすぐにメンタルに傷がつきます。

実際は大してハードな仕事じゃないとしても、根性がない人は自分に甘いので、ちょっとでもイヤなことがあるとすぐに逃げてしまう人が多いのです。

根性がある人は、仮に仕事が厳しくてもすぐに辞めたいとは思いません。

怒られたりしても簡単にはへこたれませんし、まずは自分のできる範囲で頑張ろうという強い気持ちを持っているので、徐々に仕事に慣れてきて戦力になっていきます。

しかし、根性がない人はイヤなことがあればすぐに「辞めたい」が頭をよぎります。

「なんでこんなに頑張らないといけないんだ」と理不尽に感じて、その結果すぐに辞めてしまうのです。

社交性がない

コミュニケーション力が低い人も仕事をすぐにやめる傾向があります。

意思疎通が取れなければ同僚と打ち解けることができませんし、分からない仕事があっても積極的に聞くことができません。

そのため社交性がない人は仕事を覚えるのが遅い傾向があり、戦力になるまでに時間がかかります。

そして職場の人にもだんだんと嫌われていき、居心地が悪くなって辞めたくなるのです。

社交性が求められるのは接客業だけではなく、どの職種でも同様です。

人としっかりとコミュニケーションをとれなければどんな仕事も上手くいきません。

仕事というのは一人でやるものではないので、人見知りだったり声が小さかったりすると、他の人にも迷惑がかかる場合があります。

中には挨拶すらまともにできない人もいますが、そういう人はきっとどんな仕事もすぐに辞めることになるでしょう。

やはり最低限のコミュニケーション能力は仕事には必須だと言えます。

常識がない

常識がない人はすぐにバイトを辞める傾向があります。

例えば年上の人に対して馴れ馴れしくしたり、敬語が使えない、または礼儀がなっていない人はその時点でヒンシュクを買いやすいです。

そういう人はあまりに常識を知らないので、「そんなことも分からないのか」と呆れられることもしばしば。

世の中にはびっくりするほど非常識な人がいるものです。

例えば平気で無断欠勤する人や、ミスしても全く反省しないなど、自己中心的な人も多いですし、最低限のマナーすら守れない人が若者には多いです。

そういう人は最初からバイトどころか世の中そのものを舐めていますので、やはり仕事が長続きしないことが多いです。

給料に満足できない

若者がバイトを始める動機は基本的にお金が欲しいからです。

もちろん、異性との出会いを求めたり、社会経験としてバイトを始める場合もあるでしょう。

しかしほとんどの場合はお金が欲しいからバイトをするわけです。

ただバイトというのは良くてもせいぜい時給1000円程度しか稼げず、そんな少ない給料に満足できないことがバイトを辞める理由になるのです。

本当は楽して金を稼ごうと思ったのに、思ったより仕事がキツく、「何だか割りに合わないなぁ」と思って辞めてしまうのですね。

こういう人はお金を稼ぐ大変さを分かっていないので、自分がどれだけ恵まれた環境なのか知ることができません。

何のスキルもない若者が時給800円でも貰えるのは本来、とても有難いことです。

しかしそういった感謝の気持ちを持たない人は、「これだけしか貰えない」と給料に不満を感じます。

給料への理想が高いと仕事を辞めやすくなるのです。

やりがいを見出せない

やりがいというのは仕事を続ける上で大切なモチベーションになります。

少々仕事が厳しくても、自分が成長できそうだと思えば案外耐えられるものです。

しかしバイトの動機が金だけだったり、仕事内容が単純作業だとだんだん仕事が苦痛になります。

そうなるとやりがいを見出せなくなり「辞めたい」という気持ちが強くなります。

平たく言えばバイトが楽しくないからすぐに辞めるのです。

もしやりがいを見出せないのであれば、仕事を続けるということ自体をやりがいだと思うと良いでしょう。

つまり継続する力をつけることで将来的にも役立ちますし、お金もたまって一石二鳥です。

バイトをすぐに辞めることは逃げ癖がつく原因になるので、特に高校生や大学生はたとえバイトだとしても簡単に仕事を辞めるべきではないのです。

 

いかがでしたか。今回はバイトをすぐに辞める人の特徴をご紹介しました。

仕事を辞めたいと思うことは誰でもあると思いますが、結局どんな仕事でも苦痛は伴いますし、楽しくないことも多いです。

そんな時に「頑張って続けよう」と思う人と「辞めるか」と言って辞めてしまう人では大きく差がつきます。

具体的に言えば、すぐに仕事を辞める人は出世しにくいので低収入になりやすいですし、転職の際も不利になってしまいます。

仕事をすぐに辞めることはデメリットばかりで良いことがありませんし、できれば嫌な仕事でも頑張って続けたいものですね。

また、もしあなたに根性がないのなら、「根性あるやつの6つの特徴」も合わせて読んでみてください。

きっとあなたの人生に役立つヒントが見つかるはずですよ。