話していてイライラする人の6つの特徴と対処法とは?

性格

あなたは話していてイライラする人の特徴を知りたいと思っているでしょうか。

他人と会話しているときに「何だかこの人とは相性が悪い」と感じたり、話しているだけでストレスがたまるような人に出会ったことがある人も多いと思います。

会話というのは他人と関わる上で大切な要素ですし、「この人と話したくない」と思われるのはイヤですよね。

しかし残念ながら世の中には人をイラつかせてしまう話し方の人が多いのも事実です。

人をイライラさせる話し方は仕事にも影響してきますし、当然恋愛においても失敗しやすくなります。

あなたの周囲にも一人くらいは話していてイライラする人がいるのではないでしょうか。

そこで今回は話していてイライラする人の特徴や対処法をご紹介します。

 

 

話すテンポが遅い

話し方がのんびりしていると他人をイラつかせる原因になります。

おっとりした性格のお嬢様系女子や、頭の回転が遅い人は話すのが遅くなりがちで、「もっと早く話してほしい」と思われることもしばしば。

話すのが遅い人は会話も全然進みませんし、マイペースなところが人をイライラさせてしまいます。

もちろんゆっくりと話す女性が好きな男性も中にはいますが、やはりテンポ良く、ハキハキと話す方が気持ちよく会話できますし、話すテンポが遅すぎると仕事にも支障が出てしまいます。

そして話すのが遅いと頭が悪い人に思われますので、「この人とは話したくない」と思われる原因になります。

赤ちゃんじゃないのですから、人と話すときはちゃんと人並の速さで話しましょう。

速く話すのが苦手な人は、普段から頭の中で要点をまとめて話す練習をすると良いでしょう。

 

悪口が多い

人の噂話が好きだったり、やたらと他人を批判する人は嫌われやすいです。

そういう人はいつも話題がネガティブなので、やはり話していてイライラする人だと言えます。

もちろん愚痴を言い合うのはストレス発散にもなりますし、たまには良いと思いますが、いつもいつも悪口ばかりだと、さすがに聞いている方もうんざりしてしまいます。

悪口が多い人は「この人は性格が悪い」と思われがちですし、話していてイライラするので人に好かれることはありません。

もしあなたが愚痴をこぼしやすい人なのであれば、たまには明るい話題も話すと良いでしょう。

例えば最近見た映画が楽しかったとか、美味しいお店の話など楽しい話題も提供すれば、話していてイライラする人だとは思われなくなります。

そもそも悪口ばかり言っている人というのは、人の短所ばかりに目が行ってしまう人だということです。

他人の良いところを探す習慣をつければ愚痴も減りますし、誰からも好かれる人になりやすいです。

悪口ばかり言う人は話し方ではなく、まずは自分の歪んだ性格を治すところから始めてみましょう。

 

話が噛みあわない

相手の話をきちんと聞かなかったり、会話のキャッチボールが下手な人は「この人とは話したくない」と思われやすいです。

こういう人は急に自分の話を話し始めたり、話が変なところに飛んだりして、まともなコミュニケーションをとることができません。

また、よく偏差値が20違うと話が合わないと言いますが、あまりに常識がなかったり頭が悪い人はやはり普通の人にとってイライラする存在となります。

あなたも「何だかこの人とは会話しにくい」と感じた経験が一度くらいはあるのではないでしょうか。

そういう人は大抵、人の話を聞いてませんし、仮に聞いていても理解してないので、何だか的外れな返答になることが多いのです。

話が噛みあわない人は話していて疲れますし、人をイラつかせやすいと言えるでしょう。

 

話がつまらない

話がつまらない人も人をイラつかせやすいです。

例えば「今日は天気が良いね」と言ったどうでも良い話しかしない人や、ノリだけで中身がない人は話していてもつまらないので嫌われる傾向にあります。

自分の話がつまらないことを自覚しているならまだ良いのですが、中には「自分の話は面白い」と勘違いしている人もいます。

そういう人と話すときはリアクションを薄くしたり、つまらなそうな顔をすることで、「あなたの話はつまらないですよ」という感情を伝えることができます。

また、もしあなたが面白い話ができる人になりたいのであれば、普段から面白いことを探してみたり、話のネタを増やす意識をすれば面白い人になることができます。

 

日本語がおかしい

日本語が不自由な人も嫌われやすい傾向にあるでしょう。

ボキャブラリーが少ない人は上手い表現が見つからずにヘンテコな日本語になりがちですし、間違った日本語が多い人は人をイライラさせやすいです。

語彙力が少ないので何を言いたいのか分かりにくいですし、話している本人ですら何を言っているのか分からない場合もあります。

延々のことを永遠と言ったり、役不足の意味が違うなど、そういった些細な間違いも人をイラつかせる原因になります。

日本人であれば正しい日本語を身につけることは当然ですし、特に社会人であれば言葉の使い方には気をつけていきましょう。

滑舌が悪い

滑舌が悪いと会話するとイライラするという人も多いのではないでしょうか。

何を話しているのか聞き取りづらかったり、ゴニョゴニョ喋る人は嫌われやすいです。

しかもモゴモゴと話す人に限って、聞き返すと不機嫌な態度を取ることも多いです。

そういった態度も人をイライラさせる要因になります。

また、滑舌が悪い人は口を大きく開けなかったり、呼吸方法がおかしいことが原因ですが、中には病気の人もいます。

なのでイライラするからと言って、下手に滑舌が悪いことを指摘したり、バカにしたりするのは控えた方がいいでしょう。

 

いかがでしたか。今回は話していてイライラする人の特徴や対処法をご紹介しました。

もしあなたの周囲にイライラする話し方の人がいる場合は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

そして、話していてイライラする人にならないためにも、相手の話をきちんと理解し、人並の速さで話すことを心がけましょう。

また、もしあなたが話題豊富な人になりたいなら、「話題豊富な人の7つの特徴」も合わせて読んでみてください。

きっとあなたの人生に役立つヒントが見つかるはずですよ。