生活音が気になる人の5つの特徴と克服方法とは?

生活

あなたは生活音が気になる人の特徴と対処方法を知りたいと思っているでしょうか。

例えば家族のいびきや、隣人のシャワー音や足音などが気になってしかたない人は、普通に生活していてもストレスに悩まされることになるでしょう。

隣人が騒音を出していても全く気にならない人もいる一方で、些細な音でも気になってストレスをためてしまったり、生活音が気になって眠れなくなってしまう人もいます。

また、救急車のサイレンの音やドライヤーの音など、特定の音が怖いと感じる人もいますし、大きな音が怖い人も多いです。

では一体、生活音が気になる人というのはどんな特徴があるのでしょうか。

また、生活音が気にならなく方法はあるのでしょうか。

そこで今回は生活音を気にする人の特徴をご紹介します。

 

 

音に敏感

生活音が気になる人は音に敏感な人が多いです。

普通の人は気にならないような小さな音でも気になってしまったり、大きな音を出されるのではないかと必要以上に身構えたりしています。

例えば水道の音や雨の音と言った、普通なら気にも留めないような些細な音でも、生活音が気になる人にとっては不快なのです。

音というのは不思議なもので、最初は気にしていないような小さな音でも、一度気になると何だか気になってしかたなくなるものです。

もちろん隣人が騒音を出していたら誰だって気になりますし怒りますが、生活音が気になる人はそうではなく、本当に誰も気にしないような音が気になってしかたなくなるのです。

騒音ではないので怒るにも怒れませんし、音を気にしないようにすればするほどさらに気になってしまうという悪循環に陥ります。

こんな状態では楽しい生活を送れるわけがありませんし、精神的に参ってしまうでしょう。

音に異常なほど過敏な人を聴覚過敏と言いますが、生活音が気になる人は聴覚過敏の人が多いと言えます。

聴覚過敏になる人はストレスが原因であることもありますが、身体的なことが原因になることもあります。

いずれにしても生活音が気になる人は音に敏感になっている状態だと言えるでしょう。

 

神経質

生活音が気になる人は神経質なところがあり、細かいことを気にしすぎるところがあります。

例えばクチャクチャと音を立てて食べる人に対してひどく腹が立ったり、イビキや歯ぎしりなどが気になってイライラすることもしばしば。

中には音だけじゃなく匂いに神経質な人もいます。

例えば犬の匂いやタバコの匂いが気になってしまって服に匂いがつくのも不快と言った具合です。

音にしろ匂いにしろ、過剰に気にする人はやはり神経質である場合が多いでしょう。

また、生活音が気になる人は常識人であることも多く、人前で平気でクチャクチャと音を立てたりゲップをするといった非常識な人が許せません。

普通の人であればこういう人に対して、「下品だなぁ」という感想しか抱きませんが、生活音が気になる人は「なんて非常識なんだ」という怒りと、音の不快さが許せず過剰にイライラしてしまうのです。

これは性格の問題ですので、神経質な人は些細なことは気にしないようにするしかないでしょう。

もし不眠症などに悩まされている場合はイヤホンや耳栓をすることで改善されることがあります。

 

被害妄想が激しい

生活音が気になる人の中には、「隣人が自分に嫌がらせをしているのでは?」という被害妄想を抱いている人もいます。

大きな音や不快な音を出すことで、自分の平和な生活を邪魔していると考えているのです。

一度このような被害妄想に取り付かれると、些細な音でもだんだん腹が立ってきて実際にクレームを入れるケースもあります。

しかし隣人にとっては一般的な生活音としか思っていないので、そこから隣人トラブルに発展することも。

元々被害妄想が強い人もいますが、人生で上手く行かないことが増えたり、疲れがたまると誰でも些細なことに過剰反応しやすくなくなります。

過剰反応しやすい精神状態になると、例えば隣人の足音が聞こえてきたらわざとやっているように思えて無性に腹が立ったりイライラしてしまいます。

このように被害妄想が原因で生活音が気になってしまうこともあるのです。

 

ミソフォニア

ミソフォニアは音嫌悪症とも言われ、特定の音に不快な感情を引き起こす病気です。

例えばサイレンの音や咀嚼音などに強い不快感を感じることがあります。

仮にこの病気じゃなくても、似たような体質の人は多いのではないでしょうか。

生活音が気になる人はとにかく不快な音が気になってしかたないのです。

鼻をすする音や咳払いの音は、もちろん普通の人にとっても不快ではあるのですが、そういった特定の音に対して過剰な不快感を感じるのが生活音を気にする人の特徴です。

こういうときは他の雑音で気を紛らわせるなど何らかの対処方法でしのぐしかありません。

生理的に無理な音は誰にでもありますし気にしないようにするしかないですね。

 

更年期

更年期はイライラしやすくなる時期であり、生活音が気になる原因になります。

日常のストレスや不快な音などイライラがたまると些細な音でも気になるようになり、時には夫婦喧嘩に発展することもしばしば。

いままで気にならなかったのに急に足音や物音にイライラするようになったら、更年期の症状であると考えられるでしょう。

これは自律神経が乱れるためにストレスがたまりやすくなり、その結果聴覚過敏になってしまうのです。

更年期は大体45~55歳であると言われており、女性だけじゃなく、男性も更年期障害になる場合があります。

基本的に中高年はストレスの影響を受けやすいと言えるでしょう。

 

生活音が気になるときの対処方法

あまりに生活音が気になる場合は耳栓やイヤホンで音を遮断しましょう。

それでも気になる場合は、音を気にしない性格に自分を変えてきましょう。

不快な音や些細な音を立てる他人に対して怒りを感じても、所詮他人の行動を変えることはできませんし、それなら神経質な自分の性格を変える方が早いです。

もちろんあまりに酷い騒音の場合はクレームを入れればいいと思いますが、仮にクレームを入れても騒音が治まるとも限りませんし、ならばいっそ音をありのままに受け入れてしまった方がいいです。

ずっと音を気にしている状態が続くと心を病んでしまうこともあるので、生活音が気になる場合は自分がやるべきことをやって気を紛らわせましょう。

また、カウンセリングなどで生活音が気になる原因を突き止め、過去のトラウマなどが原因の場合は精神的な治療によって克服する方法もあります。

 

いかがでしたか。今回は生活音が気になる人の特徴と対処方法をご紹介しました。

些細な音が気になってしまうのは日常生活に支障をきたしますので辛いところですが、実際は治すのが困難な場合が多く、特に隣人トラブルの場合は他人を変えようとせず、音を気にしないようにするしかないでしょう。

実は生活音が気になる人というのは意外にいるもので、「自分はミソフォニアなのでは?」と思っている人も結構います。

ですがミソフォニアであればまともに生活すらできませんし、大抵の場合はただの気持ちの問題です。

気にしすぎなのが原因なので、安易に病気だとは思わず気楽に生きていきましょう。

また、もしあなたが被害妄想が激しい人なのであれば、「被害妄想が激しい人の5つの特徴」も合わせて読んでみてください。

きっとあなたの性格を改善するヒントになるはずですよ。