嫌いなのに話しかけてくる人の特徴6つと心理とは?

性格

あなたは嫌いなのに話しかけてくる人の特徴と心理を知りたいと思っているでしょうか。

例えば明らかに自分を嫌っていたり、嫌味を言ってくる割にはよく話しかけてくる人に対して「何でだろう」と不思議に思っている人もいるかもしれません。

もしくは嫌いなら話しかけて欲しくない、と思っている人もいるでしょう。

普通の人は嫌いな人に対して自発的に話しかけることはありませんし、むしろ無視したり避けたりするのが当たり前です。

しかし世の中には嫌いなのにわざわざ話しかけるという人がいるのです。

では、嫌いなのに話しかけてくる人の特徴とは一体何なのでしょうか。

また、話しかけられたらどうすれば良いのでしょうか。

 

友達がいない

嫌いなのに関わってくる人は友達が少ない人が多いです。

本当はあなたのことは嫌いなのですが、他に話す人がいないためにしかたなくあなたに話しかけているのです。

そうすることで周囲に寂しい人だと思われなくて済みますし、完全に孤立してしまうよりはマシという考えから関わるのです。

もしかしたら、あなたも同じように友達が少ない人なのではないでしょうか。

その場合は、あなたくらいしか話しかける人がいないからとりあえず絡んでボッチを回避していると考えられます。

友達になりたいから話しかけるということではなく、体裁をとるため、打算的に話しかけていると言えるでしょう。

なので上辺だけの薄っぺらい関係になりますし、会話はしているけれど決して盛り上がることもなく、味気ない会話になりがちです。

友達と見せかけて実は敵、という関係のことをフレネミーと言ったりしますが、嫌いなのに話しかける人はとりあえず友達がいることを周囲にアピールしていると考えられます。

 

マウントをとりたい

嫌いなのに話しかけてくる人は、あなたに話しかけることによって自分の優位性を保とうとしています。

つまりあなたのことを基本的に見下していて、あなたに嫌味を言うことで自分の価値を確かめているのです。

人は自分より下の人がいると安心する生き物です。

人を見下すのは良くないことですが、実際は誰しも無意識に他人を見下しているものです。

逆に自分よりレベルが高かったり身分が上の人に対しては話しかけない場合が多いです。

自分が見下されるのが恐いので、話しかけるのを躊躇うのです。

つまり嫌いなのに話しかけてくる人は、自分より下であるあなたに話しかけることでマウントをとりたいのです。

 

話しかけやすいから

嫌いなのに話しかけてくるのは、あなたが話しかけやすい人だからかもしれません。

もしあなたが大人しいタイプの人間だったら、たとえフレネミーだったとしても快く会話してくれるでしょうし、そういうタイプはイジられたり、絡まれたりしやすいです。

嫌いなのに話しかけてくるのは、あなたがイジりやすいからというのが理由です。

ただ、もしあなたのことが本当に大嫌いなのであればたとえ話しかけやすくても関わることはないでしょう。

嫌いは嫌いだけど、死ぬほど嫌いというわけではないから話しかけるのです。

あなたに話しかけることで何らかの面白さを感じたり、何かしらのメリットがあるのが話しかける理由でしょう。

 

あなたの知り合いが好き

あなたのことは嫌いだけども、あなたの知り合いのことが好きだから話しかける場合もあります。

例えばあなたに男友達がいるとしましょう。

嫌いなのに話しかけてくるのは、その人があなたの男友達に恋をしているからだと考えられます。

自分の好きな人と仲良くしているあなたが気に入らないし嫌いだけれども、あなたと仲が悪いことが周囲にバレるとあなたの男友達にもそれが伝わって嫌われるかもしれない、という考えからあなたに話しかけているのです。

なのであなたとは本当は話したくないのでしょう。

しかし話さないとその男友達に近づくことができないので仕方なく話しかけているのです。

 

表面だけ取り繕っている

本当はあなたが嫌いだけども、周囲の目を気にして取りあえず表面上だけ取り繕っている可能性があります。

特に大人になると露骨に無視したりするのはあまりに子供っぽいですし、周りにも良く思われないので、しかたなく定期的に話しかけているのです。

やはり特定の人と話さないのは周囲から見ると不自然に映りますし、仲が悪いことを知られるとお互いに困るケースも多いですよね。

そのため表面上は仲良く見せておこう、という考えからあなたに話しかけているのです。

 

実はあなたが好き

嫌いは好きの裏返しとよく言いますし、もしかしたら相手はあなたのことが好きなのかもしれません。

よく嫌いな人にちょっかいをかける人がいますが、あれも実は片思いの行動であることが多いのです。

わざわざ話しかけるということはあなたに興味を示しているということです。

本当に嫌いであればガン無視を決め込むはずですが、そうではないということはやはり何らかの好意があると考えられるでしょう。

あなたのことを嫌っているフリをしているのは、好きな気持ちがバレるのが気恥ずかしいからです。

なので好意を持っているから話しかけている可能性が高いでしょう。

 

いかがでしたか。今回は嫌いなのに話しかけてくる人の特徴をご紹介しました。

なぜ嫌いなのに話しかけてくるの?と疑問に思っている人も多いですが、実はそこには何かしらのメリットが隠されている場合が多いのです。

本当に嫌いな人ならわざわざ話しかけませんし、もしかしたらそこまであなたを嫌っていないというケースもあることでしょう。

何にしても、嫌いなのに話しかけてくるのはあなたに話しかける価値があるからです。

仮に利用されているだけだとしても、双方にメリットがあるのならとりあえず会話してみてもいいでしょう。

もし話しかけてくるのが死ぬほど嫌いな人なら無視したり、「話しかけないで」とハッキリ伝えましょう。

もちろん関係は壊れるでしょうが、嫌いな人と無理して付き合っても仕方ありません。

関係を壊すほどでもない場合は、とりあえず表面上だけでも会話してあげると良いのではないでしょうか。

また、もしあなたが話していてイライラする人の特徴を知りたいのであれば、「話していてイライラする人の特徴6つ」も合わせて読んでみてください。

きっとあなたの人生に役立つヒントが見つかるはずですよ。