料理が下手な人の特徴や理由8つと料理が上手くなる方法とは?

生活

あなたは料理が下手な人の特徴を知りたいと思っているでしょうか。

料理が下手なのは女性であれば致命的ですし、恋人に美味しい手料理を振舞うことができずがっかりされてしまいます。

結婚願望があっても料理が下手だと「このままじゃ嫁に行けない・・・」と不安になってしまいますよね。

また、自分ではそんなに下手なつもりじゃなくても、恋人に「料理下手だね」と言われたらショックですし、どうしたら良いか困ってしまいます。

もちろん女性だけじゃなく、男性でも料理が下手なのはデメリットしかありません。

料理が下手な男はモテませんし、もし飲食店で働きたいのであれば料理のスキルは必須になります、

では料理が下手な人というのは何故下手なのでしょうか?

また、料理が上手くなる方法とは何なのでしょうか。

そこで、今回は料理が下手な人の特徴をご紹介します。

 

 

味覚音痴

あなたの料理がまずいのは、あなたが味覚音痴なせいかもしれません。

料理というのは味見をしながら味を調整していくものですが、この味見で正しい判断ができなければ美味しい料理を作ることができません。
 
もちろん味見をしないのは論外ですが、味見をしてもまずいと言われるのは感性がズレているのでしょう。

作った本人は丁度良いと感じても、他の人にとっては味が濃すぎると感じたり全然美味しくないのであれば味覚音痴の可能性が高いです。

何を食べても美味しかったり、味の違いが分からないのであればそれは「バカ舌」ですし、料理の味付けがおかしいと、せっかく料理を振舞っても食べる人を満足させることができません。

ちゃんとした味覚がないのは料理を作る上では致命的と言えます。

実は最近味覚音痴の人が増えていて、3人に1人は味覚音痴とも言われます。

というのも現代人は食事をゆっくりと楽しむ精神的余裕も時間的余裕もないので、食事の際しっかりと咀嚼しませんし料理の味をじっくり楽しむこともあまりありません。

そういう生活が続くとだんだん味覚がおかしくなって味覚音痴になってしまうのです。

この場合は、食事のときにゆっくりと食べたり、亜鉛を摂取することで改善できます。

また、味覚力がなくなっている場合は断食によって味覚力を取り戻すことができますよ。

 

不器用

不器用な人は料理の手順が間違ってなくても、何だか変な料理になってしまうことが多いです。

包丁も不器用なので使いこなせませんし、皮むきも苦手な傾向があります。

そういう人が料理している姿を見ると危なっかしいですし、手際が悪いと思われます。

そして手際が悪い人が作った料理は大抵クオリティが低く美味しくないです。

そもそも不器用な人はレシピ通りに作ることも苦労することでしょう。

そして料理をするのも億劫になりますので、料理のレパートリーも増えませんし上達もしません。

こういう人は一度料理教室に行って、包丁さばきや料理の基本をマスターするのが望ましいでしょう。

 

センスがない

実は料理のセンスが良い人は子供の頃から料理が好きですし、経験も多いです。

数をこなしているので味の調整はもちろん、盛り付けにも余念がなく食べる人を喜ばせる料理を作ることができます。

そういう人は即興で作ったとしても綺麗で美味しい料理になります。

しかし料理が下手な人は元々料理も嫌いですし、センスも培われていません。

なので無理をして作っても、味も彩りも良くない料理になります。

好きこそものの上手なれと言う様に、料理のセンスがある人は料理が好きな人なのです。

もちろん、大人になってからでも料理センスを磨くことはできますが、料理が下手な人はまずレシピ通りに作れるようになって、慣れてきたらアレンジを加えていくと良いでしょう。

料理が下手なのに無理に味を工夫したり、オリジナルにこだわっても上手くいかないことが多いです。

料理をたくさん作って慣れていけば発想力やアレンジ力も自然と磨かれるでしょう。

また、男性はシンプルな味付けが好きなので、彼氏に料理を作るならあまり凝った味にしない方がいいかと思います。

 

同時進行が苦手

頭の中で複数のことを処理するのが苦手な人は料理を作るときもあたふたしてしまいます。

火をかけている間に別の作業をしたり、料理は意外に頭を使う場面が多いです。

なので段取りが悪いと上手くいかなくて失敗してしまうのです。

なぜ一流シェフの男性比率が高いのかというと、男性は脳の構造からして同時進行が得意である場合が多いのです。

地図を読んだり運転が得意なのと同じで、男性の脳はそういう風にできているのです。

もし同時進行が苦手な人は料理の手順や完成図までをイメージしてから作ると良いでしょう。

また、作業スペースをきちんと確保したり、調理器具の場所を把握しておくのも段取りを良くするためには必要です。

料理が下手な人は2品や3品を同時進行で作るのではなく、とりあえず1品だけ丁寧に作るようにしましょう。

そうすればある程度落ち着いて作れますしミスも少なくなると思います。

要領の良い人は男性であっても料理が上手いですが、要領の悪い人は1品作るので精いっぱいという人が多いです。

そういう人はまずは料理の基礎を学んで少しずつ慣れていきましょう。

最初は誰でも時間がかかりますし焦ると余計に慌ててしまいますので、ゆっくりと落ち着いて料理に慣れるのが良いです。

 

失敗を恐れている


料理が下手だということは料理に失敗してしまうということですが、この失敗が原因で料理を作るのが億劫になってしまうことが多いです。

特に恋人に料理を振舞ったのに残されたり、まずいと言われた場合はそれが原因で料理が嫌いになってしまって上達できなくなるのです。

「またまずいって言われるかも」という不安な気持ちは辛いですよね。

料理は人に食べさせるものなので、失敗するのは申し訳ないという気持ちもあるかもしれません。

もしまずいと言われるのであれば、一体何がダメなのかその人に教えてもらうのも効果的です。

そして少しずつ改善していくことによって料理も上達するでしょう。

料理はトライ&エラーなので何度も失敗を繰り返すことで上手くなっていくものです。

なので失敗を恐れず、もし失敗してもその失敗を活かしながら料理上手になっていきましょう。

 

レシピ通りに作ってない

あなたの料理がまずいのは、きちんとレシピ通りに作っていないからかもしれません。

「いやいや作ってるよ」と思われる人もいるかもしれませんが、計量スプーンや計量カップはちゃんと使っているでしょうか。

また、タイマーを使ってきちんと時間を計っているでしょうか。

料理が下手な人は感覚や勘に頼っている人も多いですし、目分量で適当に作っているのが美味しくない原因かもしれません。

きちんと分量を計るだけで料理の味が安定してきますし、そもそもレシピ通りに作ればまずくなるはずがありません。

レシピ通りに作っているのにまずい人は、そもそも料理にあまり興味がなく全てが適当な人が多いです。

分量をきっちり計るのは面倒くさいですが、料理は化学であると言われるように、そのあたりをきっちりするだけでも驚くほど味が良くなりますよ。

 

愛情が足りない

人のために美味しい料理を作ろうという気持ちは味にも出ます。

料理が上手い人というのは、食べてくれる人に喜んでほしいという気持ちをもって作っているので料理が苦に感じませんし、楽しいので自然と上達します。

しかし料理が下手な人は愛が足りてないので目分量で適当に作ったりしてそれが味に出てしまうのです。

実際、愛情があるだけで料理の味は劇的に良くなるものです。

料理が下手な人はまず、人のために美味しいものを作ろうという気持ちを持ちましょう。

そうすればいつの間にか料理上手な人になることができますよ。

 

面倒くさがり

料理が下手な人は面倒くさがりな人が多いです。

とにかくラクに作ろうとしているので味見もせず、そのくせ「なんでまずいんだろう」と悩んでいるのです。

面倒くさくても味見をしなければ味の調節ができませんし、どこで失敗したのかも分かりません。

調味料を入れるタイミングなどでも味は変わってきますし、味見せず適当に作るとやはりまずくなりやすいです。

また、火加減が適当だったり調味料が適当だと味に影響します。

さらに料理の「さしすせそ」を守ってない人も多いです。

「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」は酢、「せ」はしょうゆ「そ」は味噌ですが、調味料はこの順番で入れることで美味しい料理を作ることができます。

料理が下手な人は面倒くさいことは勘で済ませようとするため味がおかしくなってしまうのです。

心当たりがある人はぜひ今まで適当にしていた部分をきっちりしてみてください。

そうすればもう「まずい」なんて言われることはなくなりますよ。

 

いかがでしたか。今回は料理が下手な人の特徴をご紹介しました。

料理が下手な人は昔から料理が苦手だった人が多く、経験も浅いことから、料理上手な人に差をつけられてしまっていることが多いです。

しかし大人になってからでも料理教室に通ったり、経験を増やすことで料理を上達させることができます。

不器用な人や段取りが悪い人には料理は億劫だとは思いますが、慣れてくれば料理は楽しくなってくるものですし、そうなれば上達も早くなって美味しい料理が作れるようになります。

ぜひ料理を好きになって、食べた人に美味しいと言われる料理上手な人になりましょう。

また、もしあなたが中途半端な性格で悩んでいるのであれば、「何事も中途半端な人の特徴9つ」も合わせて読んでみてください。

きっとあなたの人生を大きく変えるヒントが見つかるはずですよ。