自分の思い通りにならないと怒る人の7つの特徴や心理とは?

性格

あなたは自分の思い通りにしたい人の特徴を知りたいと思っているでしょうか。

例えば自分の要求に相手が応じないとすぐに不機嫌になったり、他人の行動をコントロールしようとする人。

こういう人は接する方も疲れますし、面倒くさいと感じる人も多いと思います。

常識があって他人を尊重できる人は全てが自分の思い通りになるとは思ってないですし、自分の望む結果にならなくてもいちいち腹を立てることはありません。

では、自分の思い通りにしたい人は一体どんな性格なのでしょうか。

また、なぜいつも思い通りにならないと不機嫌になるのでしょうか。

そこで、今回は自分の思い通りにしたい人の特徴をご紹介します。

 

 

プライドが高い

自分の能力や容姿に自信があり、自分が大好きな人は常に自分中心で考えているので、自分の望むことを全て押し通そうとします。

例えば容姿の良い女性によく多いのが、男性が自分の言うことを聞かなければ不機嫌になるタイプです。

このタイプは昔から男にチヤホヤされてきて自分は美人であると自覚しているので、男は自分の言うことを聞いて当たり前だと思っています。

なのでとてもワガママな性格ですし、欲しいものは全て手に入れたいという願望を持っています。

たまに自分の思い通りにならないことがあると急に不機嫌になったり、中には気に入らない人をイジめたりします。

プライドが高い人は、仮に100%自分が悪いことだとしても絶対に謝りませんし、他人に命令されることが嫌いです。

また、他人の成功を嫌っていて、常に自分が輝いている存在でないと満足できないのも特徴です。

その人にとっては自分こそが正義であり、自分に逆らう人は敵なのです。

なので自分を不快な思いにさせる人間がいたら、その人の悪い噂を流したりして周囲の人間を味方にしつつ排除しようとすることもあります。

 

負けず嫌い

自分の思い通りにしようとする人は負けるのが嫌いで頑固なところがあります。

なので自分の非を認められませんし、謝ることが苦手です。

やたらと対抗心を燃やしていることもあり、気に入らない人をどんな手段を使っても蹴落とそうとしたり、とにかく他人より優位に立ちたいと思っています。

また、他人に見下されるのが嫌いで、例えば誰かが自分との約束に遅れてきたとすると、それだけで何だかバカにされたような気がして腹を立ててしまうのです。

他人が遅刻する理由というのは色々ありますが、その人にとっては自分をぞんざいに扱う行動は全て許しがたい行為となります。

なので全て自分の思い通りにしないと気がすまないのです。

 

子供っぽい性格

子供のうちは誰でも思い通りにならないとすぐに拗ねるものです。

しかし大人になっても精神年齢が低い人は、体が大きいだけで心は子供。

やはり自分の思い通りにならなければ不機嫌になってしまいます。

あれも欲しいこれも欲しいと子供っぽいので、自分が欲しいものは全て手に入れようとします。

また、自分の理想を他人に押し付けがちで、思い通りにならないと感情的にキレることもしばしば。

不機嫌になることがあるとすぐに拗ねますし、他人に八つ当たりすることも。

人として成熟しておらず、考え方が幼稚な傾向があります。

例えば集団でカラオケに行ったとして、他の人が自分より歌が上手くて目立ったとすると、その人にとっては面白くないので「もう帰る」と不機嫌になってしまい、他人を困らせます。

このように性格が子供っぽい人は自分の思い通りにならないと気がすまない人だと言えます。

 

我が強い

自分の意見を強引に通そうとしたり、自分に逆らう人間が許せないなど、とにかく我が強い人は他人にとっても厄介な存在となります。

自己主張が強く、常に自分が正しいと思っているので、他人を何とか言いくるめようとしたり言うことを聞かせようと必死です。

また、他人が傷つく言葉を平気で言ったり、すぐにカッとなって暴力を振るうのもこのタイプです。

良い言い方をすれば他人をリードできるタイプとも言えますが、怒ると怖いタイプでもあり注意が必要です。

 

束縛タイプ

恋人を自分の思うようにコントロールしようとする束縛タイプも厄介な性格です。

このタイプは自分に自信がない人が多く、他人に自分の恋人を取られるのではないかという不安な心理が隠れています。

なので他の異性と連絡を取るのを禁止したり、異性と食事に行くときは必ず報告させたりと恋人の行動を制限します。

しかしそんな性格に嫌気が差してしまう人も多いので、結局すぐに別れてしまうこともしばしば。

他人をコントロールしようとしすぎて、それがかえって裏目に出てしまいます。

束縛されて嬉しい人は余程の物好き以外いないので、結局自分の思い通りにならないことも多いのです。

 

人を見下している

自分は優れた人間だと思っていて、他人を心の中で見下している人はそれが言動に出ます。

いつも偉そうな態度なので他人に嫌われがちですし、自分より下だと思っている人間に反抗されるとすぐにキレるのが特徴です。

「高卒のくせに」とか「女のくせに」と露骨に見下す発言をすることもしばしば。

このタイプは性格がかなり歪んでいる傾向があるので、なるべく関わらないようにするのが良いでしょう。

 

モンスタークレーマー

何か気に入らないことがあるとすぐにクレームをつけるタイプです。

主におばさんに多く、例えば少しでも店員の行動が気に入らないとケチをつけたり、「どうなってんのよー!」と怒鳴ることもしばしば。

このタイプのおばさんは常にイライラしているので、店員側に落ち度がなくても平気で怒鳴りつけます。

あまりに理不尽なクレームをつけることも多いので、時には店側とトラブルを起こすことも。

謝罪を強要したり、行動を改めさせたりと、何でも自分の思い通りにしようとするのが特徴です。

更年期はイライラしやすいので、こういったモンスタークレーマーはおばさんに多い傾向があります。

 

いかがでしたか。今回は自分の自分の思い通りにしたい人の特徴をご紹介しました。

世の中というのは中々思い通りにはならないものであり、何でも自分の思い通りにしようとすると生き辛くなってしまいます。

思い通りにならないものもあると認めた上で柔軟に生きていきたいものですね。

また、他人をコントロールしようとする人は性格が悪いので嫌われやすく時には孤立する原因にもなります。

人はそれぞれ自分の主張を持っているので、他人を自分の所有物のように扱うワガママな人は人格を疑われます。

自分の内面を磨いて常識ある人間になれば、他人をコントロールしようなどとは考えなくなりますよ。

また、もしあなたが子供が欲しいと思っているのであれば、「子供が欲しい男の特徴4つ」も合わせて読んでみてください。

きっとあなたの疑問を解決するきっかけになるはずですよ。