頭が切れる人の特徴7つや意味と頭が良くなる方法とは?

仕事

あなたは頭が切れる人の特徴を知りたいと思っているでしょうか。

頭が切れる人というのは頭が良かったり、優秀である場合が多いですが、時には予想外のアイデアを思いついたり普通の人では想像がつかないような思考の持ち主であることが多いです。

あまり頭の良さに自信がない人は、そんな頭が切れる人を見て羨ましいと感じたり、憧れたりすることもあるでしょう。

また、頭が切れるという言葉は頭の回転が速いとは少しニュアンスが違うので上手く使い分けたいですね。

では頭が切れるとはどんな意味であり、頭が切れる人の特徴とは一体何なのでしょうか。

そこで今回は頭が切れる人の特徴と意味をご紹介します。

 

頭が切れる人の意味

 

頭が切れるというのは頭が良いとか、頭の回転が速いという言葉と似ていますが、実はほんの少しニュアンスが異なります。

頭が良いというのは理解力や記憶力の優れた人のことを言います。

頭の回転が速い人は計算が速かったり、情報処理能力が高い人のことを言います。

頭が切れる人は計画力やアイデア力に優れていて、驚きの発想がポンポン出てくる人を言います。

頭が切れる人は決してスピーディーに物事を考えるわけではなく、じっくりと考え、しっかりと物事を分析できる頭の良さを持っています。

なので、頭が切れる人は頭の回転が速い人と違って早口で喋ったりせかせかとしていないので本当の意味で頭が良い人だと言えます。

本当に頭の良い人に限っておっとりしていたり、全然頭が良さそうに見えないものです。

頭が切れる人というのは本物の天才を言い表すのにぴったりの表現かもしれませんね。

 

 

計画性が高い

頭が切れる人は頭の中を整理し効率を高める能力に長けています。

情報を適切に処理して優先順位を決めた上で行動するので計画性が高く無駄がありません。

計画を立てる能力に長けているのでリーダーに向いていますし、重要な仕事を任されるのはいつも頭が切れる人です。

頭が切れる人の計画に沿って周囲も行動するので仕事もスピーディーに進めることができます。

予測する力に長けているので不測の事態が起きても全く焦ることなく即座に解決策を導きます。

計画性が高いのでめったなことでは焦りませんし全ては想定の範囲内なのです。

常に落ち着いているため周囲の信頼も集まりやすく、まさに組織をまとめるのに適任だと言えるでしょう。

仕事だけでなく、例えば友達と旅行に行ったりするときにもこの計画性が生かされます。

どのようなプランにすればベストな旅行になるのか、また、行程に無理はないのか、観光スポットを上手く回れるのかなど緻密に計画を立てるので、ハプニングもなく楽しい旅行にすることができます。

国内旅行はもちろん、海外旅行の場合は特に計画をしっかりと立てないと予想外の事態に見舞われますので、計画性というのは大変役に立つ能力だと言えます。

 

臨機応変に行動できる

予想外の事態があっても対応が早く、また適切な判断ができる人は頭が切れる人だと言えます。

どんな困難や問題に当たっても悩むことがなく対応力に優れています。

むしろ、問題が発生したときこそ真の頭の良さが発揮されます。

不測の事態で臨機応変に行動できるかによってリーダーの素質が決まるでしょう。

頭が切れる人は単に知識が豊富だったり勉強ができるだけではありません。

どんなときも機転を利かせて動ける人が頭が切れる人だと言えます。

瞬時に適切な判断ができる人は実は中々いないのです。

世の中の頭が良い人というのは大抵は机の上の勉強しか出来ない人が多いです。

 

視点が斬新

普通の人では思いつかないような視点から物事を考えているのが頭が切れる人です。

着眼点が普通と全く違うので、どうしたらそんなことを思いつくのか不思議に思われることもしばしば。

この感覚的な部分が優れた頭の良さというのは天性の才能なので、勉強をたくさんやっただけでは身につけることはできないでしょう。

知識ばかり豊富な人より判断力やアイデア力がある人の方が仕事では重宝されます。

頭が切れる人は頭が柔らかく、いわゆるIQが高いタイプの人間だと言えます。

実は発想力というのは中々鍛えるのが難しく、今までの経験や体験から身についていることも多いです。

なので頭が切れる人は子供の頃から自然と想像する力や問題を解決する癖を身につけていて、それが大人になって仕事で活かされているのです。

 

パラレル思考

思考には二種類あって、パラレル思考とシリアル思考に分類することができます。

シリアル思考とは一つのことに集中して考えることで、これは一般的で平凡な思考方法となります。

例えばまずは目の前の仕事を終わらせ、それが終わったら次の仕事に取り掛かるといった具合です。

一方でパラレル思考とは同時に2つ以上のことを処理する思考方法です。

一緒にできることは一緒にして、効率を格段に上げているのが頭が切れる人なのです。

そのため普通の人よりも仕事がとても速いです。

なぜ同時にいくつものタスクを処理できるのかというと、頭の中がきちんと整理されているからだと言えます。

なのでデスクもきちんと整理整頓されている場合が多く、机が綺麗かどうかでもその人の頭の中を窺い知ることができます。

また、頭が切れる人は1つの物事からイメージを連鎖させることができ、常に考え続けることができるのも特徴です。

今の人はこの考え続ける力が足りていない人が多く、これは情報社会による弊害だと言っていいでしょう。

多くの人は純粋な思考力が衰えているからこそ頭が切れる人になれないわけです。

 

抽象度が高い思考ができる

普通の人は抽象的に物事を考えることが苦手です。

法則や論理と言ったものが苦手なので知識を応用したり組み合わせたりすることができません。

しかし頭が切れる人は物事を一つ上の次元から考える力があるため、物事の本質を捉える能力に長けているのです。

なので思考の視野が広く、例えばAとBを対比して共通点を導いたり全体を見渡す思考ができます。

この抽象度の高い思考は、頭が良い人に共通している特徴と言っていいでしょう。

物事をよく考えるとは抽象的に考えることです。

スポーツでも二流の選手は目の前のことを処理するのに精一杯なのに対して、一流の選手は高い視点から全体を見渡しているのです。

なので一流選手の言葉はハッとさせられるような視点であることもしばしば。

逆に抽象的な話をしても全く通じない人ははっきり言って頭が悪い人だと言えます。

頭が良くなりたいなら、哲学を学んだり普段から抽象度の高い思考をしてみることで頭を鍛える訓練になります。

 

他人の意見を取り入れる

頭が切れる人は決して自分の考えに固執したり、他人に意見を押し付けたりといったことはしません。

時には他人の素晴らしい意見も柔軟に取り入れたり、他人に意見を求めることもあります。

なぜなら人の意見を聞くことで違った視点が得られるメリットがありますし、組織を引っ張っていく上では重要なことだと知っているからです。

自分の能力に驕っていませんし他人を尊重することでチームの信頼や結束力を高めます。

一方、頭が切れるのではなく、単に頭の回転が速い人は勝手に物事を進めたりするため他人に迷惑をかけたり嫌われることも多々あります。

他人を否定して頑固なやり方を押し通すのはやはり頭の悪いやり方だと言えます。

しかし頭が切れる人は思考が速いだけではないので、広い視野で物事を考えチームにとって最善の行動を取ることができます。

頭が切れる人が尊敬を集めるのはこれが理由なのです。

 

難しいことでも分かりやすく伝える

頭が切れる人はどんな言葉を使えば他人に分かりやすく伝わるかもちゃんと考えているので、話が分かりやすい人が多いです。

たまに難しい言葉を使えば頭が良く見えると勘違いしている人がいますが、それは間違っていて、いかに難しいことを簡単に伝えられるかが頭の良さなのです。

もちろん高次元の会話では難しい言葉を使うことは当たり前なのですが、頭が切れる人は話す相手のレベルに合わせて分かりやすく話すことができます。

なので無闇に難解な言葉を用いたり分かりにくい表現を使うことはないのです。

 

頭が良くなる方法

 

常に考える癖をつける

日ごろから考える力を養っていないと、いざ問題に直面したときにどうしたら良いのか分からなくなり慌ててしまいます。

元々頭がそれほど良くない人でも、常に考える癖をつけることで頭が切れる人に近づくことができます。

抽象度の高い思考を意識しながら、物事の本質を見極める癖をつけましょう。

ニュースを見るときも、ただボーっと見るのではなくそのニュースに対して自分が何を思ったか、また疑問に思ったことはよく考えてみるなど、思考の訓練をする習慣をつけるのです。

これを繰り返すことでいつの間にか考える力やスピードが格段に上がることが実感できることでしょう。

 

好奇心をもつ

今まで関心がなかった分野にも興味を持ってみることで自分の思考の幅を広げることができます。

人は自分が興味のあることばかりに目を向けがちですが、たまには全く違うジャンルの物事にチャレンジしてみると、意外な発見があったりして頭を活性化させることができます。

特に特定の分野に興味が偏っている場合は思考も偏りやすいので、なるべく広く好奇心を持つと頭が良くなりやすいです。

 

質の良い睡眠を取る

人は眠っているときに頭の中の情報を整理していると言われています。

そのため十分な睡眠を取ることは頭が良くなるために必要なことです。

勉強もそうですが、睡眠時間を削ってまで勉強することはかえって効率が悪くなり、体調を崩す原因にもなります。

さらに睡眠不足が続くと自分の脳を最大限に働かせることができず、勉強しているのに全く身につかないといった事態になりやすいので、睡眠はなるべくしっかり取りましょう。

 

軽い運動をする

体を動かすと脳が活性化して頭が良くなります。

というのも脳を働かせるにはBDNFというタンパク質が必要なのですが、体を動かすとこのBDNFが増えるので頭が良くなるのです。

外を散歩するだけでも十分な効果が期待できますが、特に複雑な動きをする運動であればさらに脳が活性化するでしょう。

なのでただ歩いたり、走ったりするよりは、テニスやサッカーなど難しいスポーツにチャレンジする方が脳には効果があると言えます。

 

頭が良くなる食べ物

脳に良い食事を摂ることで頭が良くなります。

例えば魚を食べると頭が良くなると言われていますが、これは魚にはDHAやEPAが豊富に含まれているからです。

特にサバやアジ、サワラなどの青魚は頭に良いので毎日食べると良いでしょう。

また、クルミやピーナッツなどのナッツ類は脳の発達を促進するビタミンEが豊富に含まれており、頭の回転が良くなるとされています。

さらにカルシウムは骨や歯に良いとされていますが、実は脳にも良く、脳の回転と神経伝達を促進します。

カルシウムが不足すると精神的に不安定になりやすいので、その点でも摂取した方がいいでしょう。

カルシウムはワカメや昆布、ひじきなどの海藻類に豊富に含まれていますし、牛乳などの乳製品は吸収率が良いのでオススメです。

また、野菜や果物に含まれるビタミンCやビタミンE、ベータカロチンは脳を浄化する抗酸化作用があります。

 

脳に悪い食べ物

コーラや清涼飲料はせっかく摂取したカルシウムの効果を半減させてしまうのでできれば控えた方が良いでしょう。

また、お菓子やアイス、チョコレートもあまり良いとは言えず、代わりに玄米や大豆を食べるとビタミンBが摂取できてオススメです。

あとは防腐剤が入っている食品もあまり脳に良いとは言えないでしょう。

 

いかがでしたか。今回は頭が切れる人の特徴をご紹介しました。

頭が切れる人はリーダーとしての資質があり、問題解決力が高い人が多いです。

あなたの周りにもそんなリーダーがいるのではないでしょうか。

頭が切れる人は常に考える癖をつけていて、不測の事態への対応も早い頼れる存在です。

なので周囲からの信頼も厚く組織をまとめることに適してた人物であると言えます。

もしあなたも頭が良くなりたいのであれば、今回ご紹介した頭が良くなる習慣や、適切な睡眠や運動、そして栄養豊富な食事を摂るなど、普段の生活を改善することが効果的です。

ぜひあなたも頭が切れる人になって周りから信頼される人になりましょう。

また、もしあなたが子供が欲しい男の心理を知りたいのであれば、「子供が欲しい男の4つの特徴」も合わせて読んでみてください。

きっとあなたの疑問を解決するヒントになるはずですよ。