自称童顔で童顔アピールしてくる女性の特徴や心理とは?自虐風自慢?

性格

あなたは自称童顔の人の気持ちや心理を知りたいと思っているでしょうか。

やたらと自分は童顔なんだとアピールする女性っていますよね。

「未成年に間違われた」と嬉しそうに話してきたり「私って童顔だよね」と聞いてくる女性は正直うんざりすることもあると思います。

どう見ても童顔じゃないのに童顔アピールしてくる女性にはどう対応して良いか困ってしまいますね。

しかし自称童顔に「童顔じゃないよ」と言うと不機嫌になりそうで言いづらいと思います。

では一体童顔アピールしてくる女性の心理とは一体何なのでしょうか。

そこで、今回は自称童顔の人の特徴をご紹介します。

 

自分は可愛いと思っている

童顔=可愛いなので、自称童顔の人は自分が可愛いと思っています。

若く見られるというのは女性にとって嬉しいことですので、童顔アピールしてくる人は自分が可愛いんだと認めてほしい人が多いです。

しかし実際は勘違い童顔も多く、客観的に見て全然童顔じゃない人もいます。

特におばさんで童顔アピールしてくる人は面倒くさいですね。

そういう人には嘘でもいいので童顔を否定しないようにしましょう。

「○○ちゃんって確かに童顔だよね」と同調してあげると効果的です。

 

褒めてもらいたい

自称童顔の人は人から褒められるのが大好きです。

人から童顔で羨ましいと言われたり若く見えて可愛いと言われたい人が多いです。

実際可愛い人もいるかもしれませんが、大して可愛くないけど童顔自慢する人もいます。

とにかく自慢したくてたまらない人なので、面倒くさい人だと思われがち。

中には「○○は大人っぽいから良いよね」と他人を褒めるふりをして遠まわしに童顔アピールすることもあります。

童顔と言っても実際はただ幼いだけで可愛くない場合も多いのですが、童顔=可愛いと思っている女性はみんなに可愛いと言ってほしいので童顔自慢しまくる傾向にあります。

 

自虐を装っている

本当は童顔に見られることが嬉しいのに童顔がコンプレックスであるかのように話す女性もいます。

「もう良い歳なのに童顔なんてやばいよね」と悩んでいるそぶりを見せますが、実際は「いや若く見える方がいいよ」と言ってほしいだけです。

大人っぽくなりたいと言ってはいますが心の中では童顔の自分が大好きなのです。

基本的にこのタイプは性格が悪く嫌われやすい傾向にあります。

 

あざとくてぶりっ子

自分が可愛いと思われたいので、しゃべり方や仕草があざとく男に好かれやすいです。

このタイプは良い歳して子供っぽかったり仕草があざといので同姓からは嫌われやすいですが、おじさん受けは良く、モテることもしばしば。

しかし勘違いブスも多く、童顔自慢はしますが実際は大して童顔じゃないことも。

若いうちは良いですが30超えてぶりっ子な女性は同姓から見れば痛い存在となります。

良い歳して童顔アピールする人は総じて性格に難があり、控えめに言ってもやばい人です。

可愛こぶるのは良いですが、自分の顔が客観的に童顔なのかどうか、まずはしっかりと見極めることが大切。

良い人間関係を築きたいなら童顔アピールは自重した方がいいかもしれません。