本音で話せる相手がいない人の特徴4つと信頼できる関係を築く方法とは?

性格
 

あなたは本音で話せる相手がいない人の特徴を知りたいと思っているでしょうか。

例えば仲の良い友達はいるけれど上辺だけの会話で本音を話せなかったり、気が合う友達ができない悩みを持っている人もいるかと思います。

誰しも本音を話せる友達が欲しいと思っていますし、仮に友達がいても表面上の付き合いだけでは心は満たされませんから、孤独感を感じる原因にもなってしまいますね。

そこで今回は本音で話せる相手がいない人の特徴と、本音で話せる友達の作り方をご紹介します。

 

自分に自信がない

本音で話せる相手がいない人は自分に自信がない人が多いです。

例えば自分の顔が好きじゃなかったり、性格も明るい方ではなく秀でた才能もないので、心の中で「自分と話しても楽しくないのでは」と思っています。

なので相手と深く話すことができずに嘘の自分を演じてしまいます。

本当は楽しくないのに無理に明るい自分を作って息苦しいと感じることもしばしば。

自分で壁を作ってしまい本当の自分を出せずにいます。

本音で話せる相手が欲しいなら、まずは一緒にいて落ち着く人や波長の合う人を見つけることが第一歩ですね。

自分を犠牲にしなければ付き合えないような人と無理につるんでも楽しくない時間が増えるだけです。

また、自分に自信をつけたいのであればボランティア活動をしてみることがおすすめです。

ボランティアは人との出会いもありますし、人のために何かをすることで人として成長することにも繋がりますよ。

 

裏切られるのが怖い

過去に友達に裏切られた記憶のある人は、新しい出会いがあっても人を疑ってしまうので、本音で話すことができません。

本当は人を信じたくても過去のトラウマが邪魔をして全てを疑ってしまうのです。

このように人間不信になってしまったときは新しい人間関係を築くことで改善していくしかありません。

この人なら信頼できる、という人を見つけることができれば少しずつ他人を信用できるようになります。

トラウマがある人は自分から積極的に話しかけることが難しく、話しかけられたら話す、という受け身な姿勢なので中々本音で話せる人が見つからない傾向があります。

あまりに人間不信がひどい場合はまずは心を休めて自分磨きに徹するのも良いかもしれません。

 

草食系でインドア派

本音で話せる相手がいない人は草食系であることが多く、大人しい人です。

趣味も映画鑑賞や読書などインドア派なので、そもそも他人との接点が少なくなります。

なので友達も少なくなりがちですし、ふとした瞬間に寂しさを感じることも。

また変なプライドを持っていることもあり、自分を傷つけないように生きているので、他人と話すときも無意識に守りに入っています。

他人と話すと疲れたりイヤな思いをすると思って家で過ごすことも多くなりがち。

草食系な性格は人と話すこと自体が少ないので、本音で話せる人を見つけるチャンスも少なくなってしまいます。

 

良い人ぶる

本音で話せる相手がいない人は周りからは「良い人」であると評価されていることが多いです。

人から嫌われたくないので、本当の自分を隠して愛想良く振舞うことに神経を使っています。

気楽に素の自分を出せる人ほど波長の合う人を見つけやすく、本音で語れる仲間も多いものです。

しかし優しいだけが取り柄のような人は、本当の自分を知られるとみんな離れていくのではと不安になり、いつまでも優しい性格を演じてしまうのです。

もし友達になりたい人が見つかったら、腹黒い部分を知られるのを極度に恐れず色んな自分を見せていくことも必要でしょう。

 

気を遣う性格

相手の顔色を伺ったり、気を遣いやすい性格の人は常に他人を傷つけないように振舞うため、相手に本音でぶつかることができません。

そのため上辺や建前だけの関係になりやすいですし、他人と会話するたびに疲弊しています。

相手に合わせることばかり考え自分を出せないでいることが、寂しさを感じる原因なのです。

ただ見方を変えれば優しい性格であるとも考えられるので、そんな優しさを分かってくれる人を見つけられれば心から分かり合うこともできるでしょう。

本音で話せる友達と言うのは大人になればなるほど作るのが難しくなるので、できるならなるべく若いうちから積極的に友達を作りにいきたいものです。

社会人であれば仕事仲間と切磋琢磨することで信頼できる関係を築くという手もあります。

また、最近はツイッターなどのSNSで友達を作る場合も多く、現実で人と話せない人はこういったツールを利用して気の合う友達を作るのも手だと思いますよ。